MAMPの設定からPHPのバージョンを切り替えられる
 

f:id:addictionwhite:20160127221439p:plain

 

f:id:addictionwhite:20160127221626p:plain

 
以下のディレクトリ配下にある各PHPが選択候補になる
/Applications/MAMP/bin/php
 

f:id:addictionwhite:20160127221709p:plain

設定のラジオボタンには2つまでしか出ないようなので
選択したいphp以外は頭に_を入れてやるとよい。
php5.1.6とphp5.2.17を設定対象にしたい場合は
それ以外の全てのPHPのディレクトリの頭に_などをいれる。
 

f:id:addictionwhite:20160127222233p:plain

MAMPのディレクトリにないバージョンのPHPも以下のURLから取得できる(全てが揃っているわけではない)
https://www.mamp.info/en/downloads/
からダウンロードして、
/Applications/MAMP/bin/php/ 配下におく。
 
MAMPのバージョンが違うと動かない(3.4のときに3.5で動かなかった)
→新しくMAMPを入れ直すが、当然Apacheの設定ファイルなどは一新されるので注意
 
 
備考
Mampで使っているPHPとコマンドラインから叩いているPHPが違うことに気づかず
phpenvで反映されず苦しんでいた(いつも忘れる)
 
バージョンを変えようと思ったのは
並行しているプロジェクトで互換性でエラーがでたから
 *PHP 5.4 以降では配列の短縮構文が追加され、 array() の代わりに [] を使えるようになりました。
 
あと新しく出たPHP7を触れる環境が欲しかったため
vagrantとかのがナウいんだろうけど、MAMPも手軽で便利だ
 
参考
http://blog.shimabox.net/2014/11/23/php-version-of-mamp/